ガーデンアート Garden-art.co.jp

MENU
施工作品
一般庭
ショッピング
施工の流れ
お客様の声
 
Home Mail
トピックス
現代画報に掲載されました
現代画報に掲載されました

ガーデンデザイン・施工を手掛ける『ガーデンアート』。社長の西野氏は、良質な石を使用したオヴジェや古い灯篭を現代風にアレンジした創作灯りを手掛けるなど多彩な才能の持ち主。顧客の建物に合わせた、オリジナリティー溢れる庭を提供している。一般家庭から公園、神社まで手掛け、幅広い層からの支持を得ている同社を女優の大沢逸美さんが訪ね、西野社長にお話を伺った。
柔軟な発想と磨かれた技で
"世界に一つ"の癒し空間を演出

大沢  『ガーデンアート』さんでは、ガーデンデザイン・施工を手掛けておられるそうで。西野社長が、この仕事を始められたきっかけは?
西野  もともとものずくりが好きだったんです。始めた当初はごく一般的な知識しかなかったのですが、”なにも無いところにに空間をつくっていく”という仕事の面白さにどんどんのめりこんでいきました。
大沢  社長にとって理想的な庭とは?
西野  近所の人が集まって井戸端会議をしている横を、親に怒られながら走り回っていた・・・そんな子供のころの思い出に残っている庭が、本来の庭だと思うんです。様々なことに利用できる庭子供が自由に遊ぶことができる庭が理想ですね。他には無いオリジナリティー溢れる庭づくりを心掛けています。
大沢  なるほど。”自分だけの庭”を持っているのですね。
西野  現代人は忙しい毎日の中で、庭を眺めて一息つくような時間の大切さを忘れがちだと思うんです。敷地の中のほんの一角のお庭づくりでも、喜んで施工させていただいてます。少しでも癒しを感じていただきたいですね。また自らつくった石のオブジェを配置したり、古い灯籠を現代風にアレンジした創作灯りなども手掛けており、お陰様で若い世代の方たちからもご好評いただいてます。
大沢  アイデアが豊富ですね。オブジェも拝見させていただきましたが、とても個性的で素晴らしいと思いました。
西野  ありがとうございます。私のつくる庭は、同業者から驚かれることも少なくないんです。10年前に皆から首をひねられたような庭が、今になって流行っていたりしますからね(笑)
大沢  時代の先を行っておられるんですね。庭づくりの上で大切なことは?
西野  勉強して知識を得るのはもちろんですが、一番大切なのは想像力だと思います。普段から街に出ていろんなものを見たり、有名な庭を訪ねたり感性を磨くように心掛けています。
大沢  それでは今後の展望を。
西野  これからもお客様に末永く大切にしていただける庭をつくっていきたいと思います。また、大好きな石の魅力を皆様に知っていただくため、講習会などを開いていけばいいですね。
大沢  ありがとうございました。
ページTOPに戻る